MENU

キャッシングの審査に通る理由3パターン

会社員で安定した収入があるのにキャッシングの審査落ちする人、アルバイトなのに審査を通過する人、そんなに高収入ではないけれど高額の融資を受けられる人……。様々な人がいます。
『どうしてあの人は審査が通って私は通らないの?』
『自分より年収の低いあいつはキャッシング審査通過した。でも、自分は瞬殺だった……』
なんてぼやいている人もいるかもしれません。
審査に落ちる人にはそれなりの理由があるように、審査に通る人にもそれなりの理由があります。

 

今回は審査に通る人にスポットライトを当てて、審査に通る理由3パターンをご紹介したいと思います。

1:職業が公務員などの安定職

公務員は収入が安定しています。自営業で売上がなければその月の収入はゼロ……でも年収にしたら普通くらい、という人よりも安定性があり、お金を貸す側としては確固たる収入源がある人なので安心できるというわけです。

 

 

2:勤続年数が長い

勤続年数が長いとそれだけ収入が安定していると言えます。勤続年数が短いと、すぐに転職して無給料期間が出てくる可能性があるため、キャッシング業者は懸念材料と判断します。逆に正社員ではなくとも5年以上勤続してアルバイトを続けている方は、審査に通る可能性が高くなるようです。

 

 

3:持ち家がある

持ち家は資産です。しかも、持ち家なので賃貸の人より引っ越す確率が薄く、途中で連絡が途絶えてしまったとしても住所は変わらない可能性があるため、プラス材料となります。もし仮に返済が滞ってしまった場合は持ち家を担保にもできるというのもプラス材料です。

キャッシングのデメリット

 

審査に通る理由3パターン
キャッシングのデメリットは、銀行系のキャッシングの場合は審査が厳しくて時間が掛かるところです。

 

信販会社のキャッシングは、利息が高くいところと限度額がクレジット枠とキャッシング枠が合算になっているところです。

 

消費者金融のキャッシングは、世間のイメージが悪いので堂々と借りずらいというところにあります。

 

そして、全てのキャッシングに共通するデメリットは、借りやすいが故に多重債務に陥りやすいというところです。

 

簡単に借り入れが出来てしまうので、衝動的に借りているうちに金銭感覚が鈍くなってしまい、限度額いっぱいまで借りてしまいます。

 

また、返済日に返済金額を用意できなくて他の金融機関から新たにキャッシングをして返済に充ててしまいます。

 

すると、どんどん借入件数が増えていく事になるのです。キャッシングは便利ですが、返済の事をきちんと考えて借り入れをしないと後々苦しい結果になります。

 

多重債務や自己破産に陥らない為にも、必要最小限のキャッシングに留めておきましょう。

 

土曜日とかに即日融資は可能?